<< 『フライ,ダディ,フライ』金城一紀 | main | 『失はれる物語』乙一 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

『白夜行』東野圭吾

評価:
東野 圭吾
集英社
¥ 1,995
(1999-08)
Amazonおすすめ度:
読むべきです。
本当に。
文句なく、面白い。
主人公の二人の心情が全く語られずに展開し、
それが面白さを深める。
子供のころに受けた心の傷は決して消えることはなくて、
でも傷や秘密があったから、生きていけている二人。
善とか悪とか超えて、人間の生き様を描ききった作品、
といえるのでは。。

スポンサーサイト

| - | 22:30 | - | - |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

トラックバック機能は終了しました。

Trackback