スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

『ユングと占星術』マギー・ハイド著 鏡リュウジ訳

評価:
マギー ハイド
青土社
---
(1999-02)
Amazonおすすめ度:
占星術の知識がある人が読むことを前提として
書かれているので、
全てをきちんと読むことはできず。。
それでも十分楽しめる。
ユングという人と、
そして占星術とシンクロニシティ。
特に、
占星術家がクライアントのホロスコープを
読む、という行為がすでにホロスコープの中に
表れる、というのが面白く、また納得がいった。
人間という存在は宇宙の一部であることを
強く感じさせられた。

『実践森田療法―悩みを活かす生き方』北西憲二

19世紀終わりから20世紀初めに成立した森田療法が
現代人にどう有効か、ということが書かれている。
森田療法の紹介のみならず、現代という時代に合わせて
書かれているのがすばらしい。
症例(フィクションとのことですが)も様々な年代・立場の
人々が書かれていていいです。
内向的、そして完璧主義な人に有効な森田療法。
本を読んでみるだけでも、雲が晴れることでしょう。

『自覚と悟りへの道 新版―神経質に悩む人のために』

神経症を主な対象とする精神療法「森田療法」を
確立した精神医学者、森田生馬と
患者・元患者とのやりとり、対話を中心とした著書。

強迫観念などの神経症の症状にかかるのは
なぜか?
そして、どうやって対応していくのか?
森田生馬自らも神経症で苦しんだ経験もあるために
説得力があり、また斬新でもある。

思考や知性の優れた人の陥りやすい傾向がわかり、
また、生きることとはどういうことなのか。
気付かされることばかり。。


「かくあるべしというなお虚偽たり。あるがままにある、すなわち真実なり。」

『こころがよくわかるスピリチュアル臨床心理学』

臨床心理学とは一体何をどのように扱っているのか。
そして、
有名な心理学者たちの生い立ちや思想、研究などについて
おおまかにでも広く知ることの出来る本。

心理学の流れ、フロイトやユングetc.について、
幅広く余すところなく掲載されてます。
タイトルに「スピリチュアル」とあるように
霊性、体と心とさらに超えた部分まで含めて書かれていて、
書かれた方の懐の広さが伺えます。

心理学について興味があるなら
まずこの本を読んでみて、気になるキーワードや人について
さらに本や情報を探っていく、という流れでいくと
有意義ではないでしょうか?

『アミ 小さな宇宙人』

評価:
さくら ももこ,エンリケ バリオス
徳間書店
¥ 1,365
(2000-12)
Amazonおすすめ度:
スピリチュアルな世界、
地球を越えて、宇宙全体の成り立ち、ありさまを
わかりやすく伝えてくれる作品。
なんともかわいらしく、強力な一冊。

地球にいる私たちは、
地球という枠の中でものごとを捉えているけど、
そんな小さな世界から出て、
宇宙レベルで物事を意識する。
そんな時代にやってきている。
だからきっと、たくさんの人に読まれるために、
これからの時代を担ってくこどもにも読みやすいように、
書かれた作品。

『メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道』

評価:
キリアコス・C. マルキデス
太陽出版
¥ 2,730
(1999-04)
Amazonおすすめ度:
伝説のヒーラー、ダスカロスについて。

この世界とはどんな構造・構成になっているか。
癒しとはなにか。
ヒーラーとは。

用語が少し難しいですが。
スピリチュアルな世界に興味のある人は
読んでみると、いいのでは?

数年経ったら、読み返したい。
徐々に、経験と共に、理解できる気がする。

『探すのをやめたとき愛は見つかる―人生を美しく変える四つの質問』

評価:
水島 広子,バイロン・ケイティ
創元社
¥ 2,310
(2007-07)
Amazonおすすめ度:
人を思い込みから解き放つ四つの質問。
ただ、質問していくだけで、思い込みに気づくことが出来る。

そんなThe Workを提唱しているバイロン・ケイティの
新しい著作。

たくさんのケースが載っていて、
目からウロコが落ちる様子に
こちらが目からウロコ。

人の経験、気づきは
必ず、他の人の気づきになる。
自分の中に必ず、ある。

『直伝霊気―レイキの真実と歩み』

評価:
山口 忠夫
BABジャパン出版局
---
(2003-06)
レイキ、霊気とかなりメジャーなヒーリングですが、
西洋式、臼井式、という流れを知るには
良書。
123ページの五戒はコピーして常に持ち歩く
なんて、してみようかと思いました。

『ソース―あなたの人生の源はワクワクすることにある。』

評価:
マイク マクマナス
ヴォイス
¥ 1,575
(1999-10)
Amazonおすすめ度:
成功するには、幸せになるには、
必要なのは?
努力やすり合わせなんかではない。
ただ、好きなこと、ワクワクすることをするだけでいいのだ。

・・・と書くと説得力ないかも。
けど、
この本には本当にそれしか書いてない。
しかも、
納得がいくし、やれてしまう。

この本を手にとった人は、
すでに成功を手に入れたも同然ですね。
必要なものが必要なときにやってくる。
ちゃんと、気づいている。

『神との対話―宇宙をみつける自分をみつける』

評価:
ニール・ドナルド ウォルシュ
サンマーク出版
¥ 1,890
(1997-09)
Amazonおすすめ度:
いわゆるチャネリング本のひとつ。

生きるとはどういうことか。
たましいとは。

・・・気づくことばかり。
思い出すことばかり。

大事なところを抜粋しようと思うと、
全てになってしまう。。

| 1/2PAGES | >>